So-net無料ブログ作成

☆夢 (小旅行とかいだん)☆ [健康]

italy-旧市街 路地2b (2).jpg

☆夢 (小旅行とかいだん)☆

12日の夢はまちがいなく悪夢であるように
想えました。(ToT)何がかは不明です..

〇◎さんと高台の上にある建物にいたよう
で麓階段のしたのところの道の歩道の辺り
?に同行者がいて小旅行に行くという 設定
のようでした。同行者の人々は紺色か青色
系のジャンパーのようなもの着ている雰囲
気でした。4,5人かな?
建物は和の△のやねの感じかな?

みたことのある体格のいい看護師さん
た女の人がいた気がしてその方が言ったの
かな?

小旅行に行くにはフロおけが必要というこ
とのようでした。フロおけ?洗面器という
気もするけど夢でフロおけ想ってました。


flower-コスモス2b.jpg

〇◎さんが底にアネモネの花柄のある少し
レトロな感じもするフロおけ夢のなかで
想っていたものをいくつも重ねてもってい
てそのなかのあるサイズとかたちのものが
必要なようで私はそれをもって麓に行った
と想っていたのですがいつの間にか見当た
らなかったのかな? ちょうどいいフロおけ?

フロおけはすべて濃いめのピンク色赤紫色
系の色でそのこと印象的でした。

もっていたはずの ちょうどいいフロおけ?
はいつの間にか みつからなくて..
私は近くにあるアンティークな雰囲気のア
ンティークなものをうっていそうなショッ
プにいって
同じシリーズのアネモネ柄のスプーンをみ
てこれでいいということにならないだろう
かと誰かと話していたと想います。
紫色系のレトロな感じの民族柄ぽくも想え
るスプーンであったと想います。

小旅行には〇◇さんも行くという設定にな
っていたようで〇◇にさんに話していたの
か?な?

何時の間にさきほどの高台の建物は△の形
の銅板色のかいだんの頂上にまるで神社
ようになっていて上るの大変そうでした。
上ったのかは不明です..


italy-コテージ2 (b).jpg

いつの間にか場面はかわって
◇□ に にたところにいた気がします?
白と黒の交互にあったように想え周囲は土
っぽく緑の草とかもあった気のする階段を
必しにのぼろうとしていた気がするのです
が..

全力で心肺機能全力でのぼっているのにち
っとも前にすすんでいっていない感じに想
えました。はぁはぁはぁ?・。・
夢でその前にもどこか心肺機能全力で動こ
うとしてそんな感じであった気もするけど
想いだせません。

神社にみえるようになった高台の建物に行
こうとしていたのかな?そうかもしれません..

その階段のところにやせた感じの知らない
男の人 ホームレスぽかったのかな?
おじいさんという雰囲気の男の人が現れ私
の行こうとする道のまんなかに体をまるめ
ぎみにしてねころがります。
路のまんなかより少し右よりかな?

私はそれをどうにかすりぬけようと右隣の
黒と白のまだらみたいな黒系のエレベータ
ーをみるのですが小さめのエレベーターで
今1つ乗れそうにない感じあったのかな?
そこでもう1人知らない女の人 右隣にいた
気もするのでエレベーターに乗れる人数定
員とかその瞬間に考えたのかなか? エレベ
ーターにはのらないで

とにかく 必しに 白と黒色の 交互に想える
階段を上にすすもうとするのですが
前に進んだ感じに 想えず それでも 必しに
上ろうとしなければ..と想っていて 次第に
息が苦しい気もしてがんばっていて
起きた気もします。はぁはぁと?・。・
☆☆☆

起きて..
これっていつもと違って明らかな悪夢? と
想いました。(TT)
ホームレスぽいやせたおじいさんの象徴的
意味も気になります?
何かいい意味もあるのなら嬉しいのですが
?・。・
アネモネ柄のこいピンクのフロおけもそう
いえば気になります。なぜ ふろおけ?
?・。・?

『鏡の国のアリス』でたしか アリスが
その場に とどまるのに 全力で 走らなけれ
ばならない と 赤の女王 (チェスの駒)に
言われるところ あった 気がするのです が
それと関係あるのかなぁ?

◇鏡の国のアリスのキャラクター
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8F%A1%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

夢の意味は未だわからないです。☆

鏡の国のアリス (角川文庫)

鏡の国のアリス (角川文庫)

  • 作者: ルイス・キャロル
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: ペーパーバック



鏡の国のアリス―Through the looking‐glass 【講談社英語文庫】

鏡の国のアリス―Through the looking‐glass 【講談社英語文庫】

  • 作者: ルイス・キャロル
  • 出版社/メーカー: 講談社インターナショナル
  • 発売日: 1997/04/01
  • メディア: 文庫



アリスとキャロルのパズルランド 不思議の国の謎解きブック

アリスとキャロルのパズルランド 不思議の国の謎解きブック

  • 作者: R.W.ガランド
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2014/12/05
  • メディア: 大型本



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。